こどもの国のプールはどのくらい混雑する?攻略法はあるの?


皆様、こんにちは!
管理人の三木です。

夏といえば、やっぱりプールですね。子供たちも夏休みにプールに行けることを心待ちにしていることでしょう。
横浜のプールの施設といえば横浜プールセンターやこどもの国でしょう!

気になるのはその混雑状況かと思います。

今回は、こどもの国の混雑状況についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



  

こどもの国のプールの駐車場から始まる

こどもの国の混雑は駐車場から始まります。

駐車場は正面駐車場が900台、牧場口駐車場(臨時)が750台で計1650台なんですが、土日祝日は混雑して止められないこともあるようです。
なので、駐車場にはこどもの国がオープンする30分前にはついていた方が無難です。ちなみに、こどもの国のオープンは9時30分です。
この30分前についておく理由には駐車場以外にも混雑を回避するのに重要なことになってきます。

プールで重要なことってプールに入れるか?ではなく、良い場所にレジャーシートを敷けるか?なんですよね。
これから紹介するのは混雑していても良い場所をゲットするための行動ということになります。

混雑を攻略するには?

1.チケットも早く買っておく!

開園30分前に到着したからと言って、車でゆっくり休んでいたらダメです。駐車場に無事止められたらチケットを買いに行きましょう。

2.入場列に並んでおく!

チケットを買ったら安心ではありません。今度は入場列に並びます。

3.オープンしたらダッシュでプールへ!

9時30分になって開園したら今度はプールにダッシュします。プールはなんと一番奥になるので、大変ですが、頑張って走ってください(o*。_。)oペコッ

4.プールは10時オープンなので列に並ぼう!

プールのオープンは実は10時なので、ダッシュでプールに走っても入れる訳じゃないんですよね( ̄▽ ̄;)
だけど、このダッシュのおかげで良い場所が取れます。

5.10時になったら休憩スペースの確保!

オープンしたら、着替えや入水の準備をする前に休憩スペースの確保をしてください。これのために1時間頑張ってきたといっても過言ではないので良い場所をゲットしてからゆっくりとプールの準備をしてください。
休憩スペースはだだっぴろい屋根つきのエリアになっていますが、真ん中に陣取ってしまうと出入りが大変になります。端っこの方がプールからあがってきた人たちがバタバタと通ることも少ないのでなるべく端を陣取ったほうが良いかと思います。

休憩所にはレジャーシートと貴重品以外のものを置いて今度はロッカールームへ行きましょう。
ロッカーも混雑し、空きがなくなることがあるため、早めの確保をおすすめします。

ここまでくればひとまず安心して遊べます。
お疲れ様でした!

お昼の売店はやめておいた方が良い?

プール内には売店があり、軽食の販売がありますが、それ目当てで行列ができます。列に並ぶと時間がかかって無駄になってしまいますし、朝から並びっぱなしなので疲れてしまうのでお昼は持参した方が良いでしょう。
ちなみに、プールの再入場はできないためプールの外にあるレストランなども使用できません。お弁当を作っていくか買っていくことをおすすめします。

帰りの混雑を避けるために、早めの退散を!

プールは16時に閉まりますが、16時頃に撤収し始めるとロッカーが大混雑となり着替えが大変になります。大人だけならまだしもお子さんも一緒の場合かなり疲れます。
なので、上がる時間は早めにし、時間をずらすことで混雑を避けることができます!

こどもの国自体は17時まで開いているので、プールは早めに切り上げてこどもの国の遊具で遊ばせれば子供からの「もっと遊びたかった」ってぐずりを避けられると思います。

スポンサードリンク



プールの基本情報と注意点

開場期間:2017年7月15日(土)~9月3日(日)
定休日:水曜日
開場時間:10時~16時(最終入場は15時30分)
料金:
[プールセット券(入園料+プール)]
大人(高校生以上)・・・1100円
小中学生・・・450円
幼児(3歳以上)・・・350円

禁止事項
・ 酒、ビールなどのアルコール類は持ち込みはもちろん、飲酒もできません。
・ 履き物、日傘、パラソル、テント類の使用はできません。
・ 飛び込み、潜水も禁止されています。

最後に・・・

夏休みと言っても平日はそこまで激しく混雑はしないと思うので徹底してやる必要はないかと思いますが、土日やお盆の時期は早め早めの行動をしておいた方が無難です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

スポンサードリンク



コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)