金沢動物園の動物の見どころ・魅力はココ!おすすめ情報!


皆様、こんにちは!
管理人の三木です。

横浜は金沢区にある動物園、金沢動物園って知ってますか?
ここの動物園って他とはかなり違って変わった動物・希少価値の高い動物が多いんです。

初めて行く人もそうでない人にもぜひぜひ足を止めてみてほしい動物がいますので紹介しますね!

スポンサードリンク



金沢動物園のココにしかいない魅力的な動物たち

金沢動物園にはこんな動物居たんだ!?と聞いたことのない動物の展示だったり、ココの動物園にしかいない動物たちがいます。そんな希少価値の高い動物をみない訳にはいかないですよね!じっくり観察して記憶にとどめておいて下さい。

①アラビアオリックス
アフリカ区にいるアラビアオリックスはぱっと見ヤギの角を長くしたバージョンっぽいです。石が多い砂漠で生活をし、その暑い環境から生き抜くために白い体色をしているそうです。肢や顔の一部は黒くなっていますが、それは寒いときに熱を吸収するようになっています。
最も特徴的な角はまっすぐ上に伸びていて、70cmを超えるそうです。この角を横から見ると一本に見えることからユニコーンのモデルとされました。
アラビアオリックスがいるのは金沢動物園と福岡の動物園だけになります。

②プロングホーン
草原や半砂漠に生息し、走るスピードが速く最高時速80km以上という。
好奇心旺盛ですが、危険とわかるとしっぽの毛を逆立てて仲間に知らせるそうです。
日本で見られるのは金沢動物園のみってことで貴重な存在ですね。

③ベアードバク
森林や草原、沼、湿地などのに生息し、水が好きな動物。夜行性の動物なので昼間は休んでいることが多いです。
体重が200kg~300kgまでの大型でアメリカにいるバクたちよりは大きいのが特徴です。
日本で見られるのは金沢動物園のみです。

④オオツノヒツジ
アメリカやカナダ南西部のロッキー山脈を中心として山岳地帯に生息しています。オスの角がくるりと巻いていて1mに達するものもいるそうで、重さも14kgになるものもいるそうです。
金沢動物園でしか見れない動物です。

⑤シロイワヤギ
森林に隣接した雪山に生息しています。全身白い毛でおおわれているので寒さに強いが、暑さに弱く夏になると動物園では毛刈りを行うとのことです。
シロイワヤギももちろん金沢動物園だけしか見れません。

⑥ガウル
見た目もいかつく、狙われた逃げれなそうな体つきをしていますが、牛の仲間で草が主食になります。
標高1800mの森林に生息し、群れで生活しています。オスの体重は1000kgになるとのことでかなりの巨体さんです。
ガウルも金沢動物園のみで見ることができます。

スポンサードリンク



動物園のおすすめな見どころを紹介!

大カンガルーとの距離感

昨年、金沢動物園のカンガルーの展示が変わり、かなり近くで見れるようになったんです。遊歩道があって、遊歩道とカンガルーの生活場所をロープで仕切ってあるだけで、手を伸ばせば全然手が届きそうな距離感です。

カンガルーが遊歩道に出てくることもあるとか。

こんなに近くで見れるのは金沢動物園くらいじゃないでしょうか。

貴重なコアラ展示!

コアラって何気に動物園では見れないんですよね。
ただ、ほとんど睡眠に時間を費やしているので動いている姿って見れないんですよね。
なぜ、寝てばかりなのかというとコアラが食べているものにあるようです。
コアラが食べるものといえば、ユーカリですね。ユーカリって消化に悪く、さらに毒があるんだそうです。その毒を無毒化にするためにはかなりのエネルギーを必要とします。エネルギーをそこで使うために寝ているということなんですって!
凄い効率が悪いようにも思えますが、他の動物が食べないものなので、食べ物に困ることがなく生き抜けるってことのようです。

金沢動物園ではコアラの餌の時間があるのでそのタイミングで見に行くと動いているコアラを見ることができます。

インド象の牙がすごい!

像はわりとどこにでもいるんですが、金沢動物園にいるインドゾウの牙はなんと日本で一番長いとのことです。
引きずってるんじゃないか?ってくらい長い牙で、一度折れたこともあるんだそうですよ~(笑)

まとめ

夏になると夜の動物園を見ることができたり、秋には見事な紅葉、冬にはイルミネーションと季節によってさまざまな姿を見せてくれる金沢動物園。
ぜひ、貴重な動物たちを見て下さい。

金沢動物園には子供に大人気のローラー滑り台もあるので一日過ごすことができますよ♪

スポンサードリンク


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)