横浜市夜の動物園「ナイトのげやま」にビアガーデン!


皆様、こんにちは!
管理人の三木です。

8月になると横浜市にある3つの動物園(ズーラシア・野毛山動物園・金沢動物園)は夜もオープンし、普段は見れない活発な動物たちを見ることができたり、ビアガーデンがオープンし、お酒を飲んで夜の動物園を楽しむことができます。
今回は、3つの動物園の一つ野毛山動物園の開催内容についてご紹介しますね。

スポンサードリンク



  

ナイトのげやまの日程

ナイト野毛山は毎年8月の土曜日と日曜日、そして、8月11日(祝日)に実施しています。
ナイトのげやまの閉園時間は20時30分までとなっていて、土曜と祝日にはひだまり広場にて「ナイトのげやまガーデンライブ」が開催されます。私も以前いったのですが、動物を見ながらライブの声が聞こえているので、それだけでテンション上がっちゃいました(笑)
ひだまり広場ではイルミネーションもしているので、それも幻想的な感じでした。

ビアガーデンとライブ
ひだまり広場にて16時30分~20時まで(ラストオーダーは19時30分)
ライブは毎週土曜日と祝日(11日)に実施。18時と19時の二回でそれぞれ30分間です。

ナイトのげやまの内容とみどころ

夜の動物園って普段見れないのでそれだけでわくわくしてくるのですが、レッサーパンダはかなりおすすめです。
この時期にレッサーパンダって全然動かないんですよね。暑さに弱いからか寝てばかり・・・
なので、せっかく見に来たのに見えないところで寝てたり、お顔が見えなかったりってことがわりとあります。でも、夜なら気温も下がるのでかなり活発に動いています。
夜になると活発になるっていうのはレッサーパンダだけに限らずなんですが、特に野毛山動物園で人気のあるレッサーパンダはおすすめです。

ナイトのげやまで開催される飼育係員による動物ガイドってのも面白いかもです。
2種類の動物ガイドが行われるので、小学生には自由研究の材料にもなりそうですね。
19時~の回と19時30分~の回があります。参加される場合は当日の案内を見てくださいね。

なかよし広場のふれあいは17時~18時までになっています。私たちが前行ったときは、鶏の卵(ひよこが卵の中にいるのを見た)とかモルモットの赤ちゃんだったかハツカネズミの赤ちゃんを見せてもらった記憶があります。
これが毎年あるのかは不明ですが、ここだけ行列になっていました。

ちなみに展示される動物はすべてでなく展示されない動物もいます。
・カグー
・ヨザル
・ミヤコタナゴ
・メダカ
・オオコノハズク
は展示されません。

スポンサードリンク



夜の動物園は混雑するの?

私が行った時は、普段よりは人が多いけど、人が多すぎて見れない!とか周辺道路が渋滞している!とかそんなことは全然ありませんでした。
ビアガーデンがあるひだまり広場はそれなりに人がいますが、それでも座るところはあります(地べたですけど)
横浜の花火大会とかみなとみらいのショッピングモールの人混みとかに比べたら全然混雑はないです。
 

スポンサードリンク



 

まとめ

昼間は暑いので熱中症や脱水の心配がありますが、夜なら心配も少ないですし、暑さも和らいでいるので子連れの方やデートでもおすすめですよ!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

スポンサードリンク


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)