赤い靴の女の子 お土産のチョコレート食べてみた!横浜土産おすすめ!

皆様、こんにちは!
管理人の三木です。

横浜のお土産って何?で思い浮かぶものは崎陽軒のシウマイだったり、ありあけのハーバーあたりですよね。私もお土産は友達に買ったりしているんですけど、定番すぎて微妙だったりするんですよね。
そして、量が多かったり日持ちしなかったりするものも多いんです。

可愛くて、量が多すぎない、でも横浜感が感じられるお土産を実際に買って食べてみました!
前回に引き続き食べてみたシリーズです(笑)

スポンサードリンク



横浜が舞台の赤い靴!

赤い靴の雑貨やグッズを横浜でよく目にするかと思います。この赤い靴の童謡は横浜を舞台にしていて、山下公園には赤い靴の銅像もありますし、みなとみらいでみかける可愛いバスも「あかいくつ」という名称で運営されています。

横浜では赤い靴が有名なんですよね。だから、グッズやお土産としていろいろ販売されているという訳なんです。

私はその赤い靴を表現したチョコレートを買ってきました。

パッケージ可愛いですよね。船と女の子の洋服が港町を連想させて良い感じです!

すべてが赤い靴になっているチョコレート!

裏面には材料や賞味期限が書かれています。

横には赤い靴と船がこれまた可愛いです♪

これも横に書かれている女の子の絵です。小さい箱ですが、それぞれに絵が描かれていて食べた後の空き箱も小物入れとして使ったら可愛いかも!

箱が勝手に開かないようにこんなシールも貼ってあります。

箱はマッチ箱のようにスライド式で開けます!最近は?こんなお菓子ないので面白いですよね。うちの5歳の娘もスライドするっていう発想がなかったのか、「これ開かないよ」って言ってました(笑)

中を開けると、うすーい赤い紙でチョコレートが包まれています。
ピンボケしていてすみません(;^ω^)

チョコレートと一緒に赤い靴の童謡の歌詞もついています。最初のところは知ってますが、全部の歌詞を見たのは初めてなので新鮮です。

これがチョコレートです。赤い靴をモチーフにした銀紙に包まれています。
靴なんですけど、赤い新幹線に似てません?(笑)一度そう思ったらそうとしか見えなくなっちゃいました(;^ω^)

包み紙を剥がしてみるとやっぱり靴の形でした。

ここまで靴にこだわったお土産があるだろうか?と思ってしまうくらい靴感が凄いですね。
それでもやっぱり新幹線と思ってしまうんですけどね(笑)

見た目は靴ですが、味は普通のチョコです。中に何か入っている訳でもなくすべてチョコレートになっています。
大きさは5cmほどで、一足分入っています。

見た目も可愛く大きさや味、どちらもちょうどいいのでちょっとしたお土産がほしい人にはおすすめです。

料金は1つ280円、3つセット843円です。
横浜駅やみなとみらい、山下公園・中華街エリアなどお土産屋さんなら販売されているのでぜひ探してみて下さいね。

スポンサードリンク



まとめ

赤い靴についてここまで調べたのは人生初かもしれません。実はアメリカへは行ってないという裏情報などが載っていて少し面白いな~と思いました。
都市伝説や怖い話もあるみたいなので興味がある方は調べてみるのも楽しいかもしれません。私は怖い話が苦手なので調べませんけどね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

スポンサードリンク


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)