クリスマスマーケット㏌赤レンガ倉庫はどんなイベント?おすすめメニューは?

毎年横浜の赤レンガ倉庫で行われているクリスマスマーケットは多くの方が訪れます。
特にデートなんかで行ったら雰囲気も抜群でロマンチックな夜が過ごせること間違いなしです。

どんなイベントなのか?がわからないと行ってもバタバタしてしまいますし、メニューやおすすめのものもわかっていた方がスマートなデートを迎えられるのでご紹介しますね。

スポンサードリンク



クリスマスマーケットはいつ開催される?

クリスマスマーケットは毎年11月下旬~12月25日まで開催されています。時間は夜だけではなく、11時~22時頃までたっぷりとやっているので焦ることなく回れると思います。
もちろん、入場料などはかかりませんのでかかるのは飲食代だけ!それでもまぁそこそこのお値段にはなりますけどね(;^ω^)

クリスマスマーケットはどんなイベントがあるの?

クリスマスマーケットはドイツで行われているもので、ドイツではクリスマスの準備を楽しむ期間として開催されています。

それがここ横浜の赤レンガで毎年開催されるようになったのですが、会場には10メートルもの高さのあるクリスマスツリーがあったり、サンタクロースがやってきたり、ワークショップの開催、会場入り口にはもみの木の並木道になっていて、それぞれライトアップされています。

クリスマスツリーをバックに写真を取ればインスタ映えにもなりそうですね。

そのほかにもサンタやトナカイの装飾があったりとても綺麗なんです。

赤レンガ倉庫自体もライトアップされているので綺麗ですよ!

スポンサードリンク



クリスマスマーケットおすすめメニューや飲み物は?

私は花より団子派なので、イルミネーションも良いけど、そのイベント限定の食べ物や飲み物をいただきたいタイプです(笑)

赤レンガ倉庫のクリスマスイベントではヒュッテという木の屋台が沢山並んで、ドイツの定番メニューや飲み物が販売されます。この時期はとにかく寒いので体を温めるメニューもたくさんあります。
その中でぜひ飲んでみてほしいのが、グリューワインといわれるものです。
お酒なのでお酒が飲める方限定になってしまいますけどね。

グリューワインはシナモンなどの香辛料や砂糖を入れたホットワインのことです。ホットワインの入っているマグカップもクリスマスらしい長靴になっていて、可愛いものもあるのでお土産にもなりますし、おすすめです。

食べ物だとやっぱりソーセージですよ!ドイツのソーセージはお酒にも合いますし、しょっぱいものが食べたいときにはおすすめの食べ物です。

スイーツだとシュトーレンやヒュッテで焼き上げるバウムクーヘンなどがおすすめです。

デートにおすすめのアートリンク!

イルミネーションや食べ物を食べてまったりするのもおすすめなんですが、赤レンガ倉庫ではアイススケートもできちゃうんです。体を動かせば寒さも吹っ飛びますし、密着度もぐんとアップしそう(⌒∇⌒)

アートリンクは12月上旬~2月中旬頃までで、土日祝日は11時~22時、平日は13時~22時まで滑れます。
入場料は大人(高校生以上)500円、小人(小・中学生)400円、幼児(3歳以上)300円、付添観覧料200円、貸靴料500円、コインロッカー100円となっています。

クリスマスマーケットにデートに行くならおすすめポイントまとめ!

①高さ10mのクリスマスツリー、そして入口付近のもみの木の並木道のイルミネーション
②お酒を飲めるならグリューワイン、ソーセージやバウムクーヘンを食べてみて!
③アートリンクで体を動かして温まって!
④赤レンガ倉庫周辺のイルミネーションで雰囲気アップ!

スポンサードリンク



最後に・・・

赤レンガ倉庫周辺ではたくさんのイルミネーションスポットがありますし、夜景スポットもたくさんあります。もし、クリスマスマーケットだけじゃ物足りなそうな感じであれば、ランドマークタワーの展望台スカイガーデンやコスモワールドの観覧車もおすすめです。

夜景の見えるホテルに泊まりたいなら
↓ ↓ ↓ ↓
クリスマスにもおすすめの夜景の見えるホテル!

スポンサードリンク


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)