横浜で初日の出のおすすめスポットは?定番から穴場まで紹介!


皆さん、こんにちは!
管理人の三木です。

新年の幕開けに初日の出を見に行くという人は多いと思いますが、横浜でおすすめのスポットってどこなの?って迷われている人もいるんじゃないかなと思っています。

今回は横浜でおすすめの初日の出スポットを定番から穴場までご紹介したいと思います!

スポンサードリンク



横浜の定番初日の出スポットは?

横浜での定番スポットというとやはり高さのあるアレ!ですよ。

ランドマークタワーの展望台!

ここら辺で一番高さがあるので曇ってさえなければめちゃくちゃ綺麗な日の出を見ることができます。
初日の出のためだけに特別営業をしていて、この初日の出を見るために徹夜をして待機する人たちが続出しています。

ランドマークタワーのオープン時間は6時~8時
初日の出の時刻は6時50分頃~
料金:展望台へ上がるチケットが必要となります。
大人1000円、高校生・65歳以上800円、小・中学生500円、幼児200円
詳しくはこちらにもまとめています。
初日の出を横浜ランドマークタワーから見よう!混雑や方角、時間は?

マリンタワー

ランドマークタワーより高さは低くなりますが、目の前が海ということもあり、さえぎるものがありませんん。こちも早くからの待機が必要となりますが、ランドマークより待ち時間は少なくて済みそうです。
5時30分~入場ができます。

マリンタワー特別営業時間:5時30分~7時30分
初日の出の時刻:6時50分頃
料金:こちらもチケットが必要となります。
大人750円、中高生500円、小学生250円、幼児200円

大さん橋

大きな船が停泊する場所でありながら、みなとみらいの夜景を見るスポットとしても有名であったり、インスタ映えするスポットでもあります。海に突き出る形なので、海風をもろに受け寒いですが、さえぎるものがなく綺麗に初日の出を見ることができます。

大さん橋は24時間オープンしており、大晦日から年越しイベントもやっているので大晦日からの滞在もおすすめなスポットです。
初日の出の時刻は6時50分頃
料金は無料です。
横浜 大桟橋の初日の出の混雑はどのくらい?時刻や方角は?20

スポンサードリンク



横浜の穴場なスポットはどこ?

みなとみらいエリアは正直どこも人だらけになってしまいますが、観光地を離れれば余裕のある日の出スポットがあります。

横浜港シンボルタワー

本牧ふ頭のさらに先にあるシンボルタワーは目の前が海で周りにも大きな建物がないすっきりとした場所です。展望室からは三浦半島や房総半島など360度見渡すことができるスポットです。

初日の出の日はご来光アワーとして、早朝からオープンしています。

横浜港シンボルタワー特別営業時間:5時~11時
料金は無料です。

海の公園&シーパラ

金沢区にある横浜で唯一の海水浴場となっている海の公園は海が目の前ですので初秀を見ることができます。

しかも、八景島シーパラダイスの間を縫って出てくる感じで、不思議な初日の出となります。

その八景島シーパラダイスでは、房総半島から上がってくる初日の出を見ることができます。八景島シーパラダイスはオールナイト営業をしているのでカウントダウンから参加するのもありですよ!夜の水族館・アトラクションってなかなか経験できないものですからおすすめです。
横浜 八景島シーパラダイスのカウントダウンイベントの混雑は?

金沢動物園

こちらも金沢区にあるのですが、こっちは動物園から初日の出を見ることができます。
金沢動物園に行ったことがある人ならわかると思いますが、金沢動物園はかなり高い位置にあります。というか山の上ですね。なので、さえぎるものもなく見ることができるんです。
さらに、8時まで営業しているので朝の動物園を見ることもできるという貴重なイベントです。

金沢動物園の営業時間:6時20分~8時まで
料金:大人300円、小人100円

スポンサードリンク



まとめ

初日の出のおすすめスポットをご紹介しました。
今まで行ったことあるという場所もあったかもしれませんが、行ったことない!という場所があったなら来年トライしてみてはいかがでしょうか?

大晦日&お正月の情報をまとめています。
年末年始イベント&スポット紹介まとめ!

スポンサードリンク


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)