万葉の湯 横浜の初日の出は混雑してても見れる?方角や時刻は?


皆さん、こんにちは!
管理人の三木です。

12月に入るとぐっと寒さも厳しくなりますね。そして今年もあとわずかという言葉多く聞こえてきます。

年越しというとイベントが沢山あって、いろいろ計画を立てるのが楽しいですよね。
みなとみらいの万葉の湯は海が一望でき、さらにみなとみらいのビル群や観覧車も一望できる良い場所にあります。

この場所から初日の出見てみたいと思いますよね。
今回は万葉の湯から見る初日の出についてご紹介です。

スポンサードリンク



みなとみらいの万葉の湯からの初日の出は?

万葉の湯は24時間営業で年中無休となっているので初日の出を見ることはできます。というか絶好の場所です。
海側はさえぎる建物が一切ありませんから、高さはそんなになくてもしっかり見えます。

しかも、万葉の湯は足湯もあるので、足を暖かいお湯につけながら初日の出!なんてことも可能かも!?


カウントダウンの時は足湯エリアが相当な人のようですが、初日の出の時は思いのほか混んでないようです。意外と穴場かもしれませんね。
万葉の湯なら朝風呂プランもあるので、朝6時から入館し、初日の出を見た後お風呂に入っておうちに帰るってのも良いかもしれませんよ!!

万葉の湯で初日の出を見れるのは?

上でも紹介しているように、足湯でも見れるのですが、他にも見れる場所があるんです。

それが、お風呂とリラックスルームそしてベイブリッジデッキという場所から見れます。

お風呂から見る!

女性用のお風呂は石風呂(一番右側にあるお風呂)から初日の出を見ることができます。日の出のちょっと前から混雑が始まるようですので、早めにスタンバイしておくと良いかもしれません。

男性用のほうがわからないのですが、見えるとしたら、ひのき風呂です。ただ、女性用は壁の向こうが海なので見えますが、男性用は壁を隔てて女性用になるので見えない可能性のほうが高いです。
(管理人は女風呂しか入れないのであくまで予想になってしまい申し訳ないです)

もう一つ、当たり前のことですが、お風呂なのでカメラの持ち込みはできません。写真に残したい場合は下で紹介している場所を狙ってくださいね!

リラックスルーム

リラックスルームの外が見える場所で右端を確保できれば、初日の出を見ることができます。リラックスルームはカウントダウンの時すでに満員状態なので、かなり前から場所取りをしておかないと厳しいでしょう。
室内で見れること、ソファーベッドで寝転がりながら見れ、テレビもついているので超快適だと思います。

ベイブリッジデッキ

8階にあるお祭り広場のお隣がベイブリッジデッキとなっていて、ここからも日の出をみることができます。足湯などはないのでかなり寒く、防寒対策が必須となります。
ちなみに、足湯&ベイブリッジデッキは休日限定で6時~7時頃までコーヒーをいただきながら見れるようになっています。

スポンサードリンク



万葉の湯から初日の出の時刻と方角!

万葉の湯から見える初日の出の時刻は大体6時50分頃~です。ベイブリッジの方から上がってきます。
右手側から上がってくると覚えておくといいかと思います。

初日の出とは反対側には天気がいいと富士山を見ることができます。
観覧車とビルの間から見える感じですが、こんなところから綺麗に見えることに感動したのを覚えています!

画質が悪いので見づらいところはありますが、ここからの日の出は最高に気持ちが良かったです。
ちなみに、この日の出を見る前にお風呂からも見ましたが、綺麗でしたよ!

※注意
写真の日の出は1月1日のものではありません。

スポンサードリンク



最後に・・・

この時期の寒さはかなり厳しいのですが、足湯などは上着が用意されているので安心です。そして、初日の出が終わったら速攻でお風呂に入って暖まっちゃいましょう!

それでは良いお年をお迎えください!

年末年始のイベントや交通情報をまとめています。
年末年始イベント&スポット紹介まとめ!

スポンサードリンク


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)