横浜の開港祭の花火が見れるレストランの予約とおすすめ情報!

どうも、皆様こんにちは!

管理人の三木です。

横浜の6月のイベントといえば開港祭ですね。
開港祭の日は様々なイベントがやっていて夜には花火が上がることも有名です。開港祭の花火は光とのコラボでとにかく綺麗と有名なんですね。

その花火を間近で良い場所に見たいという人は前日から場所取りをすることもあるくらい人気です。

せっかくなら開港祭の花火をレストランで美味しい食事をしながら見よう!そんなロマンチックな考えをしてる方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

ここではそんなあなたにおすすめのレストランと予約の方法をご紹介しています。

スポンサードリンク



  

横浜の開港祭の花火が見れるレストラン~みなとみらい周辺~

インターコンチネンタルホテル内 カリュウ

ヨットの帆をイメージして作られているホテルにある中華料理のカリュウ。
カリュウはホテル最上階に位置し海側に面した席と陸側に面した席があり、海側からはベイブリッジを望むことができます。花火は海側からあがるから海側の席を確保しておきましょう。
予約は早めにしておくことをおすすめします。
ディナーのメニューは1万を超えてくるのでご予算を多めに考えておいた方が良いです。

ビーチサンダルや男の人は袖なしのシャツ・短パンでの入店はできないのでご注意下さい。

カリュウの予約方法
インターネット 予約サイト
電話045-223-2267 9:00~21:00無休

DANZERO(ダンゼロ)

パシフィコ横浜の展示ホール2階にあり、海側に面しているので花火が確実に見えるレストランになります。
窓側は全面ガラス張りとなっていて、天井も高く開放的なレストランです。

予約方法は電話またはインターネットからになります。

電話045-633-3563
ネット 予約サイト

シリウス

横浜ロイヤルパークホテルの70階にあるシリウス。地上から277mなので目の前に遮るものもなく花火を見ることができるんです。この高さからなので花火を見上げるという目の前に花火もしくは花火を見下ろす形になります。これってなかなか経験できないですよね。
良い思い出になることは間違いなさそうです。

シリウスの予約方法

インターネットもしくは電話にて予約ができます。

電話 045-221-1155 9時~21時
ネット 予約サイト

サブゼロ

大桟橋の1番端にあるサブゼロ。大桟橋自体、海に飛び出る形になっていて、その先っぽに位置するので見えないなんてことはないですし、海から見ているように見えるので絶対素敵ですよね。
もちろん、みなとみらいの夜景も見れるので夜景に花火に美味しい料理に贅沢な一日を過ごせる予感です(*´∀`*)

ご予約・お問い合わせはお電話で!
045-662-1090

スポンサードリンク



横浜の開港祭の花火が見れるレストラン~横浜駅周辺~

横浜駅周辺ってゴミゴミしているイメージですが、高さがあれば見ることができるんですよ。

ミクニ ヨコハマ

スカイビルの29階にあるフレンチレストランです。29階の高さからであれば花火だけでなくみなとみらい方面の夜景も一緒に楽しむことができるので良いですよね。
しかも、駅直結なので花火が終わってからの大混雑を避けられる可能性もあります。

予約インターネットからできます。
予約サイト

ベイ・ビュー

ベイシェラトンの28階にあるベイ・ビュー。
ベイシェラトンに泊まって、夜はベイビューでのんびり花火を見るっていうプランも良いかもしれませんね。混雑も避けられますし、横浜での観光もできるのでお泊りプランも候補に入れてみてはいかがでしょう?

ベイ・ビューの予約はインターネット、電話、FAXで受け付けています。

ネット 予約サイト
電話 045-411-1188 10時~19時
FAX 10:30~24:00

おまけ情報

レストランとはすこし違った形にはなるんですが、少しご紹介します。

マリーンルージュやロイヤルウィングといったクルージングを楽しみつつご飯も食べれて花火も間近で見られるものがあります。非常におすすめですが、船が苦手な方には厳しい可能性もあるので相方の方によ~く聞いてからプランを立ててみて下さい。
私が若い頃付き合った方は船酔いタイプで、船と聞いただけで「無理無理無理(ヾノ・∀・`)ムリムリ」というくらいだったので(笑)

船から見る花火は陸からとは違って絶対素敵だと思います(*´∀`*)

マリーンルージュの詳しい情報はこちら
ロイヤルウイングの詳しい情報はこちらこちら

 

スポンサードリンク



 

まとめ

レストランでの花火を見たいのであれば早めの予約と多めの予算を忘れずに!
詳しい予約情報は2ヶ月前くらいより出てくるのでまた改めて更新したいと思います。

予算は一人1万以上で考えておいた方が良いかと思います。

それではまた(^o^)/

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 開港祭の花火のおすすめの場所!

スポンサードリンク


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)