ストロベリーフェスティバル 横浜の混雑は?いちごを楽しむポイント!


皆さん、こんにちは!
管理人の三木です。

赤レンガ倉庫で毎年開催されているストロベリーフェスティバルをご存知ですか?
私、何気に毎年行っているのですが、いちご好きやお子さんには大変人気なイベントですね。いちごにちなんだアトラクションがあったり、イチゴの無料サンプリングがあったり・・・

そんなイチゴだらけのストロベリーフェスティバルの混雑具合やストロベリーフェスティバルの楽しみ方なんかをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

赤レンガ倉庫のストロベリーフェスティバルの混雑は?

私は毎年行っているのですが、毎年酷い混雑っぷりです。
特にサンプリングは長蛇の列ですし、それ以外にもグッズ販売や限定品?などの販売がありますが、あっという間に完売です。去年行ったときは、会場に入る列といちごの無料サンプリングをもらう列とで分かれていたと記憶しています。
中にも入ったんですが、かなりの人で、ゆっくり見るとかそんな感じではなかったです。
こういったイベントでカギとなるのは先に買いたいものを決めておく!ということです。私は毎回その場で決めようと思っていってしまうんですが、人の多さに疲れてしまって大体ぐるっと回ると「もうどこでもいいよ」という感じになっていることが多いです。そうなってくると空いている場所で適当に購入してしまったり、ほかの人が持っているのを見て「あれが良かった」という結果になってしまうんですよ。
>>ストロベリーフェスティバルでおすすめの商品はコレだ!
あらかじめHPで見ておいて、買いたいものはチェックしておくのもおすすめです。
ストロベリーフェスティバル 公式HP

あ、ちなみに私が行ったのは土曜日です。平日はもう少し空いているようですが、それでも無料サンプリングはすぐになくなってしまうようです。

スポンサーリンク

ストロベリーフェスティバルを楽しむポイント!

ストロベリーフェスティバルで楽しむポイントをご紹介します。

無料サンプリング

無料サンプリングは全部で4種類あり、日にちよって配布される品種や個数が異なります。
・千葉県いちご新品種チーバベリー
大粒で果汁がたっぷり甘味に加えて程よい酸味がありとても美味しいチーバベリー
・とちおとめ
・スカイベリー
いちご王国とちぎから誕生したのがスカイベリー!実は大きくて糖度と酸味のバランスが良い新品種!
・ふくはる香
福島県オリジナル品種で酸味が少なくあまみが際立つ「章姫」と果実がしっかりしており日持ちがいい「さちのか」を交配して生まれたのがふくはる香です。
章姫とさちのかの特徴をしっかり受け継いでいます。

子供にも人気のアトラクション!

いちご柄に装飾されたアトラクションが毎年人気となっています。さらに、開館15周年にちなんで熱気球搭乗体験なんてもものあります。みなとみらいの景色を上空約20mから満喫できるこれだけです。

そのほかにいちごのトランポリンやいちごのふわふわ遊具など子供が喜びそうなアトラクションが登場します。アトラクションは楽しいのですが、一回の料金が1000円とかなりお高めなのがネックです( ̄▽ ̄;)
楽しいのはわかるけど、一回1000円は親として辛いところもあります。

いちごグッズやいちごスーツが食べられるいちごマーケット!

いちごマーケットではいちごを使ったスイーツも数多く販売されていて、毎年多くの人が買って帰っています。自分好みのイチゴスイーツをゲットするなら行く前からサイトを細かくチェックしておくことをおすすめします。
いちごのスイーツのほかにいちごの雑貨を扱うショップもあります。

中でも毎年人気なのが、横浜水信の4種食べ比べセットです。4種のいちごが2個ずつ入って2000円と高いのですが、高級なイチゴを食べ比べできるというのがポイントで、いろいろ食べてみたい!という人には特におすすめです。

スポンサードリンク

最後に・・・

私も今年は平日に行って無料サンプリングや可愛いスイーツをゲットしてきたいと思っています。
もし、行けたら絶対にここで公開するので、いけないけどどんなものか気になるという方は私のブログを通して「いった気分を味わって!」と思います。

ちなみに、赤レンガ倉庫以外でもイチゴを食べられる場所があります。
ホテル各所で行われているストロベリーフェアです。ホテルなら寒さも売り切れの心配もいりませんので、安心して楽しめると思いますよ。
>>横浜 イチゴをホテルでビュッフェやスイーツを食べれるのはココ!

赤レンガ倉庫への行き方がわからない人はココから見てね!
>>横浜駅から赤レンガ倉庫の行き方は?
>>赤レンガ倉庫の最寄り駅からの行き方はどう行けば良い?
>>赤レンガ倉庫の最寄り駅からの行き方はどう行けば良い?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする