三溪園にお弁当を持ち込んで食べれる?屋台は出る?


皆さん、こんにちは!
管理人の三木です。

横浜は都会な部分もありますが、綺麗に整備され花々が綺麗に咲いている場所もあったりと
老若男女問わずに楽しめる場所だと私は思っているんです。

最近では海外から来ている方もよく見かけるようになりましたし、
日本だけでなく多くの方が足を運んでくれる横浜なんですが、
横浜でも特に日本らしい場所があるのをご存知ですか?

それが三渓園です。

三渓園は175000m2の広さの中に、京都や鎌倉から移築された歴史的価値の高い建物が立っています。

それだけでなく春・夏・秋・冬それぞれの花を楽しむことができます。

特に春の梅や桜はライトアップがされて夜桜が楽しめたりと多くの人が訪れます。
その三渓園でお弁当を持ってお花見をと考える方も少なくないんですよね。

今回は、三渓園でお弁当って持ち込めるの?屋台とか出るの?
という疑問にお答えしたいと思います。

スポンサードリンク

三渓園はお弁当を持ち込めるの?

三渓園では内苑および旧矢箆原(やのはら)家住宅でお弁当を禁止しています。

それ以外で飲食お断りの掲示がされてないのであれば
レジャーシートを広げてお弁当を食べれるスポットがあります。

また、三渓園内にはベンチのある休憩スペースもあるので、安心してお弁当を広げられます。

ただ、春の梅や桜綺麗な時期や紅葉のシーズンなどは混雑が激しいので
場所取りはなるべく早く済ませておいた方が良いです。

以前行ったときにお弁当を持って来てた人が結構居ましたので!

三渓園には屋台は出る?

私も屋台で買ったものを食べるのが大好きなので気持ちよくわかります(笑)

でも、三渓園は普通の公園などではありませんので屋台は出ません。

ですが、三渓園の中には3軒のお茶屋さんがあるので甘いものが食べたい・飲みたい場合には
いくことをおすすめしてます。

三渓園ラーメンとか三渓そばなどここでしか食べれないものもあったり、
お団子やおしるこ、抹茶といったものが販売されています。

私は抹茶苦手なので、飲めませんが、こういったところで飲むのは格別でしょうね!

余談にはなりますが、三渓記念ミュージアムではオリジナルのお土産の購入もできます。

ちなみに、屋台がある場所にどうしても行きたいというのであれば大岡川のさくらイベントがおすすめ。

ささくら祭りでは屋台はもちろんですが、そのほかにも様々なイベントも開催しています。

>>大岡川桜祭り2018のイベントの中身と出店はどこに出る?

スポンサードリンク

最後に・・・

日本庭園と桜のコラボが見れるのは横浜ではココだけですので、
その風景を求めて多くの人が足を運びます。

混雑が激しくなると思いますので、お出かけの際は公共機関を利用して下さいね!

夜になるとライトアップもされているので夜の三渓園もおすすめですよ!

>>夜桜が横浜で楽しめるスポットはココ!ライトアップに屋台あり!
>>三渓園へのアクセス 横浜駅からバスでの行き方は?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする