三渓園へのアクセス 横浜駅からバスと車での行き方は?駐車場はある?


皆さん、こんにちは!
管理人の三木です。

横浜の和を感じられるスポット、海外の方にも観光スポットとして人気なのが、三渓園なんです。三渓園って季節の花々を鑑賞できたり、写真が趣味の人にとっては撮影で訪れたいスポットでもあります。

特に人気の季節が春と秋で、お花見や紅葉が楽しめるので多くの人が足を運んでいます。
その三渓園へのアクセス方法をここではご紹介したいと思っています。

スポンサードリンク

横浜駅から三渓園へのバスでのアクセスは?

まずは、一番使われるであろう横浜駅からの三渓園へのバスルートをご紹介しましょう。

横浜駅からのバスは市バス8系統・148系統にて約35分で三渓園入口に到着します。そこから徒歩5分となっています。この場合はバス停が豆にあるので結構しんどいんですが、土日祝日になると「ぶらり三渓園バ」スというバスが出ていて、停車するバス停が少なく比較的楽です。
ぶらり三渓園のバス停は横浜駅→アンパンマンミュージアム→桜木町駅→赤レンガ・marine&walk→中華街入口→三渓園という順です。観光地をめぐっているので三渓園から観光も行きやすくてとてもおすすめです。
バス運行間隔がそこまで多くないというデメリットもあります。
ぶらり三渓園の時刻 10時10分、11時10分、12時10分、14時20分、15時20分、16時20分といった感じで一時間に一本しか出てないんですよね。それがちょっとネックですね。
なので、バスの時刻があわない場合は8系統・148系統を使って下さい。

横浜駅から三渓園へのバスの乗り場はいずれも横浜駅東口2番になります。。
バス料金は220円です。お得に移動できるみなとぶらりチケットもおすすめです。
>>みなとぶらりチケット詳細

そのほかの駅から行くルート

根岸駅経由

横浜駅から根岸線で根岸駅から行くルートもあります!市バス58・99・101系統に乗り、本牧下車、徒歩10分です。
バスの所要時間は10分なので、横浜駅よりは楽に移動ができると思います。
料金は横浜駅ー根岸駅 170円、バス220円

桜木町駅経由

横浜駅から市営地下鉄またはJRで桜木町へ。桜木町駅から2番バス乗り場で市バス8・148系統に乗って約25分で三渓園入口に到着、下車徒歩5分です。
こちらも横浜駅同様、「ぶらり三渓園バス」でも行くことができます!
料金はJRなら140円、市営地下鉄なら210円でバスは220円です。桜木町駅を利用するなら断然みなとぶらりチケットがお得です。

元町中華街経由

横浜駅からみなとみらい線で元町中華街駅へ。4番出口側山下町バス停から市バス8・148系統で約15分で三渓園入口に到着します。下車徒歩5分です。
料金は横浜駅から元町中華街駅まで210円で、バスが220円です。

自分の旅行プランに合わせて乗る駅や乗るバスを選んでくださいね。

スポンサーリンク

車で行く場合

車で行く場合は最も注意しなければいけないのは駐車場の混雑です。梅や桜の時期・紅葉の時期は特に混雑するのでその時期に行くのであれば車はおすすめしません。上で紹介した電車&バスのルートで行く方が安心です。

首都高速ランプについて。
【東京銀座羽田方面】
ベイブリッジ経由本牧ふ頭ランプを利用してください。この時、三渓園ランプは下り車線から降りれないので間違えないようにして下さい。
【東名横浜町田方面】
保土ヶ谷バイパス狩場IC経由や第三京浜自動車道路からは石川町インターを経由して、新山下ランプを利用してください。
【横須賀・金沢方面】
並木インターチェンジ経由し、三渓園ランプを利用してください。

首都高速ランプを降りてから。
【本牧ふ頭ランプ】
降りたら道なりに本牧元町入口を右折。
【新山下ランプ】
降りたら道なりにB突堤入口を右折し、北方消防出張所前を左折、突き当たりの信号を右折、本牧元町入口を右折します。
【三渓園ランプ】
降りたら道なりに本牧元町入口を左折します。

それぞれ「本牧元町入口」を入ってきたら三つ目の信号を左折し、奥まで行くと駐車場と正門があります。

駐車場について!
駐車場は正面入り口に隣接していますが、限りがあるのでなるべくなら公共交通機関を利用した方が良いでしょう。
9時~17時で開園時間によって変更します。
料金は最初の2時間が500円、以降30分毎に100円で、最大でも1000円となっています。

スポンサードリンク

最後に・・・

三渓園は有料施設となっているので入園料がかかります。また、ペットを連れての入園もできないのでご注意を!
三渓園には猫さんが住み着いているようですので、猫ちゃん探しも楽しそうですね。

これからの季節、お出かけが楽しい時期ですのでぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
>>三溪園にお弁当を持ち込んで食べれる?屋台は出る?
>>夜桜が横浜で楽しめるスポットはココ!ライトアップに屋台あり!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする