馬車道アイスモナカを買ってみた!横浜発祥なんだって!


馬車道アイスを食べてみました。
横浜ってアイスの発祥の地だっていうことを知ってますか?
私はあんまり知らなかったんですけど、たまたまスーパーで馬車道アイスモナカを買ってきました。

馬車道アイスって何が他のものと違うの?とかどうして横浜が発祥なの?西ところをお話しできたらなと思います。

また、どこでこのアイスが売っているのかについても紹介できればなと思っています。

横浜はアイス発祥の地?

知ってる人は知ってるかもしれませんが、横浜はアイス発祥の地なんですね。その他にも横浜から夢になっているものがあります。
今回はアイスのことなのでアイスのお話だけになりますが、 興味がありましたら調べてみてください。いずれこちらのブログでも発信していきたいと思っています。

では横浜とアイスの関係についてご紹介します。
アイスが初めて作られたのは明治2年で、横浜でした。
初めて作られたのが馬車道通りで氷と塩を使用したものでした。今想像すると、とても美味しそうには思えないのです。その後、アイスクリームの製造法を出島松造さんという方が伝えられ、牛乳、卵、砂糖で作られるようになりました。

さらに、明治8年になると、東京のレストランがアイスクリームを売り出し レストランでアイスクリームを食べるという文化が広まったそうです。

その頃のアイスクリームの文化というのは庶民には高嶺の花、高級品として売られていました。今の日本からは想像できないかもですね。

この馬車道発祥のアイスクリームもなかがスーパーで販売されていたので買ってきました。
それがタカナシ牛乳のアイスモナカです。

何がどう他の物と違うのか?

モナカと言うと、チョコモナカジャンボがありますよね。

あれ、美味しくて、大きいしちょっとお得感があるんですよね。だから、私は好きです。ってそのお話ではなくて、馬車道アイスの特徴ですよね。
それはですね、先ほど紹介した明治時代に販売されていた「あいすくりん」のイメージを崩さないように作られたアイスなんです。
さっぱりとしていて、余計なものが入っていない、シンプルな最中なんです。

このアイスモナカは、 全部で4種類あります 。
ミルク、抹茶、チョコレート、小豆で、私は抹茶が食べれないので抹茶は買ってきませんでした。説明によると抹茶のアイスの真ん中につぶあんペーストが入っているアイスのようです。

スポンサーリンク

実際に買ってきたから紹介するよー

それでは写真付きのアイスモナカについて紹介していきます。

まずはミルクから。

パッケージは横浜のお菓子のようなパッケージになっています。


アイスにもちゃんと横浜馬車道アイスと書かれています。ミルクなので、普通と言えば普通で、まあミルクって感じです。いや語彙力がなくてすいません。
クセも無くそうですね、牛乳をアイスにしたという漢字のさっぱり感があります。

終わった感じはこのような見た目で、まあバニラって感じですよね。

続いて、小豆です。

こちらもパッケージは同じ、アイスにも横浜馬車道と書かれています。


小豆はこのようにたっぷりと入っていました。小豆が好きな人和菓子が好きな人にはたまらないアイスですが、私は甘すぎるなと感じました。

最後にチョコレート

パッケージとアイスの表面は他のものと変わりません。

見た目にもチョコレートと分かるような色合いです。

チョコレートなのでさぞ美味しいだろうと思って、まず子供に食べさせてみたのですが、すぐに美味しくないもういらないと言っていました。
私も食べてみたのですが、確かに少し苦かったので子供向けではないですし、角チョコレートアイスとはちょっと違うのかなあという感じがしました。 ココアの味でチョコレートを表現しているようですので、そのことから苦味が出ているのであろうと思います。

スポンサードリンク

最後に。

赤レンガ庭馬車道アイスの店舗があります。こちらではカップに入った馬車道アイスだったりかき氷だったり、 ここでしか食べられないアイスが勢揃いしています。
しかも赤レンガ倉庫に店舗が入っているので観光がてらによることもできるかと思います。是非ここで美味しい美味しいアイスと出会って、横浜の事も知っていてくださいね。

あ、横浜にはすぐいけないよ!って人も安心してください。
馬車道アイスはインターネットでも販売しています。ネットならいつでもどこでも購入できるので良いですよね。

もう一つ、5/9はアイスクリームの日ということで、その日は馬車道アイスが無料で配布されるというイベントがあります。今年はもう終わってしまいましたが、気になる方はぜひチェックしておいてください!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする