横浜浅間神社のお祭りの日程と屋台、混雑は?


皆さん、こんにちは!
管理人の三木です。

日に日に暖かくなってきて夏が近づいてきましたね!

横浜では6月に開港祭がやります。皆さん、行かれるのかな?
開港祭は毎年多くの人がやってきますが、その時期に実は他にも祭りがやっているのをご存知でしょうか?

そう、それが浅間神社のお祭りです。
毎年、大体開港祭の時期と重なっているのですが、それでも大勢の人がやってくるお祭りで、多くの店と熱気でここら辺でもかなり大きなお祭りになっています。

ここではそのお祭りの時期についてや屋台についてのご紹介をします。

スポンサードリンク

横浜の浅間神社の例大祭の日程はいつ?

浅間神社のお祭りは6月1日に例大祭斎行(毎年同じ日に開催)を行っています。この日は出店などは出ません。その週の土日、6月の第1土曜日と日曜日にみこしや出店が出て皆さんが楽しめるイベントの日になります。
お神輿は、色んなところ回っているので、迫力満点の神輿を見に来てください。
お神輿の出没時間は、土曜日が午前10時~午後4時30分、日曜日が午後12時30分~午後14時30分となっています。どこを何時に通るか?は場所によって違うのですが、屋台がある周りにいると「わっしょい!」の声が聞こえてきます。

出店ってどんなものが出るの?

浅間神社ので店の数はな、なんと!400件ほどです。600m続く旧東海道の道に出店が並びます。
その出店はほとんど毎年変わらないんですが、焼きそばやたこ焼き、お好み焼き、イカ焼きなど定番のメニューから、子供が好きなくじ引き、パチンコ、射的、ダーツのような遊ぶ系もたくさんあり、一度出かけたら長時間居られます。お祭りなので価格は普通に高いです。400円~600円程度のものが多いですね。しかも、お店によって当たりはずれが激しくて(;’∀’)空いているお店は結構はずれが多かったような気がします。
並んでいるところはやっぱりそれなりの美味しさにがあるんでしょうね。(私は並んだことはないんですけど)

変わった出店っていうのはあまりありませんが、普通のお祭りにあるような出店は山ほどあるので訪れた際にはずらっと並ぶ出店を歩いて回ってみて下さい。

スポンサーリンク

浅間神社のお祭りの混雑について!

浅間神社祭り自体は6月の第1土曜日の午前10時頃からお神輿は出ているのですが、出店のほとんどが準備中だったりします。購入できる店舗は数店舗ほどだと思います。食べ物系はまず売ってないので遊ぶ系、くじ引きとかおもちゃの販売は声をかけると売ってくれたりしますよ~。

なので朝一で行ってもほとんど買えませんが、日曜日であれば話は別です。土曜日と違い準備がないので10時~11時頃は空いていて回りやすいです。私も日曜日は朝から出かけてゆっくり回って雰囲気を楽しんでます。

混雑が最も激しいのは土曜日の夜です。祭りと言ったら夜だろうと思っている方も多く、次の日がお休みなのでゆっくり楽しめる土曜日の夜は混雑します。
私実は夜はほとんど行ったことがないのですが、話によると人が多すぎて通るのがやっとだとか!
そうそう、浴衣を着ている方たちを結構見かけますが、歩くのは大変そうです。屋台からの熱気と熱さ、そして人の多さ!浴衣を着ているとお祭りの雰囲気は凄い良いんですけどね、いろいろとお気を付け下さいね!

トイレについて!

お祭りでお酒を飲んだり、長時間外出となると気になるのがトイレ事情だと思います。

出店がずらーっと並んでいる途中に公園があるのですが、ここではたくさんの人が食べたり飲んだり、休憩をしたり・・・仮説のトイレが何個か並んでいて、そのトイレを求めてまた長蛇の列・・・しかも、外のトイレですので決して綺麗とは言えません。
トイレというともう一つ、浅間下の交差点近くの公園には公衆トイレがあります。こっちのトイレのほうが比較的空いているような気がします。

スポンサードリンク

最後に・・・

6月というともう初夏ですので、熱さが半端ないです。(たまに寒い時もあるけど)特に屋台が並んでいるところは、鉄板を使っているものが多く暑さも尋常ではありません。熱中症などに気を付けて水分補給をしてくださいね。
また、梅雨の時期でもあるのでお天気に十分お気をつけて下さい。(一度だけ、ゲリラ豪雨に見舞われた年があったかと思います)そんなこともあるので天気が怪しい日には傘を持ってお出かけ下さい!
>>横浜開港祭の車の交通規制と駐車場情報!
>>横浜開港祭の花火のおすすめの場所取りは何時からすれば良い?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする