八景島シーパラダイスのクリスマス&イルミネーションを楽しむポイント!


皆さん、こんにちは!
管理人の三木です。

横浜で一番大きな水族館が八景島シーパラダイスです。
シーパラでは各シーズンごとにイベントを行っているのですが、冬の時期のイルミネーション、そしてクリスマスイベントは特に綺麗で素敵です。

今回は、シーパラのクリスマスやイルミネーションイベントを楽しむポイントを紹介します。

スポンサードリンク

新しくなったイルカショーを見よう!

今年からバージョンアップされたイルカショーは絶対に感動できるものになっています。
トレーナーの動きやイルカの動きに合わせての音×光×映像のコラボレーション。

今までにない新しいイルカショーを見ることができます。

私八景島で見たイルカショーで初めて感動したのを覚えているんですけど、その時は音楽とイルカの動き凄くマッチしていてイルカの頑張り、トレーナーさんの頑張りが伝わったんです。

今回のショーでは音楽だけでなく光と映像さらに動きに合わせてなので感動必須です。

新しいイルカショーが見れるのは11月9日~翌年2月28日まで。
イルカショーの時間は平日は1回のみで18;00~、土日祝日は2回で17:30~、19:00~となっています。
場所はアクアミュージアム4階のアクアスタジアムになるので水族館のチケットが必要となります。

島全体がイルミネーション!

シーパラは一つの島に水族館と遊園地が合体している施設なんですが、その島全体がイルミネーションします。
100メートルのイルミネーションのトンネルだったり、ゲートのイルミネーションだったり、アトラクションもイルミネーションするのでインスタ映えも狙えそうですね。

島全体を見下ろすことができるシーパラダイスタワーっていう乗り物があるんですけど、地上90メートルまでゆっくりと回転しながら上昇していきます。

このおかげで360度どの角度も見ることができちゃいます。
中にはイスも用意されていますし、室内なので寒さも防げて最高の環境で夜景とイルミネーションを見ることができます。

クリスマスの大定番ツリーとプロジェクションマッピング

クリスマスにかかせないアイテムといえば、ツリーですよね。
シーパラのツリーはただのツリーではなく、高さ8メートルの八角形をしたツリーで、幅24メートルの光の帯によって作られています。

冬の大定番のプロジェクションマッピング
シーパラでは毎年水族館の屋根にプロジェクションマッピングが投影されます。

スポンサーリンク

クリスマスをお祝いする花火!

クリスマスに花火が見れる場所がシーパラです。
10分間と非常に短い時間ですが、コンピューターを使い花火と音楽のコラボレーションが見れるシーパラオリジナル花火になっています。

この花火には非常に多くの人が訪れて混雑するんですが、実は穴場もあったりします。

穴場スポット
・アクアライドⅡの乗り場付近
ここは人が少ない反面、下の方が見えにくいというデメリットもあります。
・小さな丘
シーパラのちょうど中央にある小高い丘があります。ここも人が少ないのでお勧めです。

有料席もいくつか用意されているのでどうしても真正面で見たい人はそちらも検討してもいいかもしれません。
>>八景島シーパラダイスの花火は有料席が必要なほど混雑してる?

花火の開催期間

・12月22日~12月24日の3日間
・20:30~、10分間
・場所はボードウォーク

シーパラのクリスマス・イルミネーションを楽しむお得なパスポート!

今回ご紹介したイベントはすべて夜になってから始まるものばかりです。
夜だけ見れればいいって人には夕方から入場できるパスポートがお得でお安くなります。

ナイトパスは2種類あり、「来園ナイトパス(夜からの水族館とアトラクションがセットになったパス」と「ナイトアクアリゾーツパス(夜からの水族館だけを楽しむパス)」があります。

それぞれの販売時間は16:00からで、アクアミュージアムチケット売場1階にて購入できます。

料金
「楽園ナイトパス」
・大人&高校生 3300円
・シニア(65歳以上) 2200円
・小・中学生 2200円
・幼児 1600円

「ナイトアクアリゾーツパス」
・大人&高校生 2500円
・シニア(65才以上) 1500円
・小&中学生 1500円
・幼児 800円

スポンサードリンク

最後に・・・寒いから暖かい服装で行って下さいね。

新しくなったイルカショーがとても楽しみで今からわくわくな管理人の三木です。

最後になりますが、この時期の八景島は特に寒いです。
海沿いということもあり風が非常に強い上、夜になると普段の倍くらい寒いと思って厚着をしていきましょう。

>>シーパラはカウントダウンイベントもある!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする