ケアンズ旅行記ブログ初日はジェットスターで成田からケアンズへ!

3月中旬の春休み前に一足早く卒園旅行に行ってきました。

3月というとケアンズは夏の終わりぐらい?で雨季だったのですが、5日間ほぼ晴れてくれてツアーにも行けて毎日楽しい日々を過ごしました。

そんなケアンズ旅行をせっかくなのでシェアしていきたいと思います。

スポンサードリンク

夜に出発!成田からケアンズはジェットスターで行く!

以前はカンタスとかJALがオーストラリアに飛行機を飛ばしていたと思っていたんですが、今はオーストラリアのLCCであるジェットスターのみがケアンズの直行便として運行されていました。

20時25分出発のケアンズ行きです。

この日は、午前中は普通にお仕事をして午後から成田へ出発。

成田のABCパーキングという駐車場に車を預かってもらって、成田空港へ送ってもらいます。

ジェットスターは第3ターミナルなので、第2ターミナルから徒歩もしくは連絡バスで移動します。
私たちは徒歩で向かいました。

室内を通っていくのかと思ったら屋根があるだけのくそ寒い道をひたすらトランクを引きながら歩きます。

第3ターミナルは第2や第1とは違い仮設感が凄い。
ワクワク感はないし、その割には人が多くて、全然海外に行くって感じがない。

お土産屋さんとフードコートがあるくらい。

日本での最後の夜ご飯は長崎ちゃんぽん。
機内食がついているのでお腹いっぱいにならないように小さいサイズ?のものを注文。(めちゃくちゃ量多かった。)

その後、出国審査などを済ませてゲートまで行きます。

搭乗開始時刻ではあったものの出発までは20分くらいあったからジェットスターの飛行機と記念撮影を試みるも外が暗くて映らない!と四苦八苦しているとジェットスターのスタッフさんが「まもなく搭乗終了です」「乗る方は急いでください(みたいな)」なことを言われ、慌てて飛行機へ。(まだ20分もあるのに、せかすなんて)

ジェットスターは、階段から登っていくタイプで一度外に出る感じになります。

CAさんは外国の方ばかりっぽく英語で対応しています。
席の案内をされたもののよくわからずとりあえず「thank you」だけ答えておきました(笑)

座席は3・4・3で、窓側2席でした。
こぶし一つ入るくらいの広さでゆったりとは言えませんがめちゃくちゃ狭い訳ではなかったです。

モニターもついていますがほとんどが有料だったのでほとんど見ていません。
深夜のフライトなので寝とけばいいですけどね。

スポンサーリンク

定刻より30分遅れの出発!

さ、いよいよドアも閉まり、出発と思ったのですがなかなか滑走路にたどりつかないし、動かない。
渋滞が発生している模様。

渋滞を避けたかったから、早く搭乗して!とせかしたのかなとここで気づきました。

さらに、最悪なことに娘が「おしっこ・・・」と。
シートベルトサインは点灯しているしCAさんたちも座った状態。

これではトイレを許可してくれるわけないだろう。と思ってなんとか我慢してもらった。
シートベルトサインが消えたのは定刻から1時間ほどしてから。
みんなトイレに駆け込みトイレ渋滞。

娘も無事にトイレに間に合いました。
トイレで疲れたのか機内食が来る前に眠ってしまいました。

10時過ぎに機内食とドリンクをもらい食べたのですが英語がわからない私に隣の男性が通訳してくれました(笑)
いや、英語がわからないというより緊張して頭真っ白になってしまったんですね。

後から思い出せば簡単な単語でしゃべっていたのに( ̄▽ ̄;)

あ、機内食はチキンカレーでした。

飲み物は紅茶・コーヒー・水があって、ジュース類は有料みたいです。

機内食が終わると就寝タイムです。
おそらく23時頃だったと思います。機内が真っ暗になりました。

そこから数時間、日本時間では2時頃だったかな。機内が明るくなって機内食の提供が始まりました。

私たちは今回HISのツアーだったから機内食やドリンクがついていましたが、個人手配や他ルートだとついてない場合もあります。その場合でも機内が明るくなりがやがやするから嫌でも目が覚めてしまいます。
関係ない人も起こされるのはちょっとかわいそうですね。

機内食2回目はバナナケーキでした。
これが絶品でした(笑)全部完食しました。お持ち帰りしたいくらい。

子供にはなぜかチョコレートジュースの提供がありました。
チョコレートとミルクか何かで溶かしたドリンクでめちゃくちゃ甘くて美味しい。でも娘は一切口にはしませんでした。

機内食の提供が終わると、着陸態勢に入ります。
外はまっくらでオーストラリアが近いことが全然わかりません。

スポンサードリンク

定刻通りに到着し、入国審査へ。


オーストラリアは入国審査が厳しいことで有名です。
確かにあれだけの自然や生態系を維持するってなったら厳しくするのも無理ないなって今ならわかりますが行くときは「なんでなんだろう?」って思っていました。

私たちは薬を持ち込んでいたので、薬を没収されないように英文の説明や薬名を書いた袋に入れて行ったんですけど、「メディシン?」と聞かれて「YES」と言ったらそれだけで通れました。

日本人だから審査が甘いとも聞いていましたが、それだけ?と拍子抜けしちゃうくらいでした。

無事に荷物も受け取り、HISのお迎えに合流。
ツアーの人がたくさんいるらしく2便に分かれての送迎となりました。

1時間くらいはケアンズ空港でぼーっとしてました。
眠くてやることもなく退屈でしたが、これから始まる毎日を思うとわくわくしちゃいます。

次はケアンズ1日目、コアラと朝食の内容やホテル情報を載せていきます。
>>ケアンズ旅行記ブログ2日目。コアラと朝ごはんツアーに行った!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする