横浜でウォータースライダーがついているプールはどこにある?

皆様こんにちは!
管理人の三木です。

夏が近づいてくるとプールや海に行きたくなりますね。
横浜には沢山のプールがあるんですが、ただのプールだけでは飽きてしまう、滑り台があったほうが楽しいと思っているお子さんも多いはずです。
お子さんと一緒にウォータースライダーのあるプールへ足を伸ばしてみませんか?

スポンサードリンク



ウォータースライダーがある横浜のプール

1.こどもの国

横浜の青葉区にあるこどもの国エヴァプール以外にも遊ぶ施設がいっぱいある一日では回りきれないほどの施設です。
人気のあるプールなので夏にはたくさんの人が訪れ混雑が必須とも言われています。こどもの国のウォータースライダーは2本あります。青い(90m)滑り台と緑(70m)の滑り台で、青いウォータースライダーは小学校4年生以上で一人ずつ滑ることができます。
緑のウォータースライダーは小学校1年生以上の子供または高校生以上と一緒なら3歳から滑ることができます(二人までつながって滑れます)

さらに、長さ22メートルのまっすぐの滑り台が二本ありこれは年齢制限がないです。ただし浮き輪などの使用はできず、着水プールの深さは85センチとなっているため小さなお子さんを滑らせる場合には保護者の方の判断次第となります。

■期間:7月の中旬から8月まで
■定休日:毎週水曜日
■時間:10時から16時まで
■料金:
入場料(入園料別)
大人(高校生以上)・・・600円
小中学生・・・300円
幼児(3歳以上)・・・300円

プールセット券(当日の入園+入場)
大人・・・1100円
小中学生450円
幼児350円
プールメイト(期間中の入園+入場)
大人4000円
小中学生2000円
幼児1500円

■注意事項
おむつがとれてない場合は水遊びパンツで入ることができます。
泳がない場合でも付き添いの入場券が必要となります。
■レストラン
レストランはプールの中にありませんただし食べ物カップラーメンなどの軽食をジュースなどの販売はしています
■駐車場
こどもの国は混雑することでとにかく有名で特に駐車場の混雑がひどくなります
土日屋お盆休みに行く行く場合は早めに出た方到着した方がいいです

2.横浜プールセンター

50年以上も前からある横浜では人気のプールです流れるプールありまた小さい児童プール、幼児プールがあります。
児童プールに滑り台がついていて、長さ5メートル幅7メートルのプールですが滑り台です。
ここのプールも割と混雑すると聞いているため車で行く場合には混雑することを忘れずにプランを立てて下さい。

■期間:7月上旬から9月上旬まで
■定休日:お休みはありません
■時間:9時から17時までです
■料金:
大人・・・800円
子供(3歳以上中学生以下)・・・200円
■注意事項
オムツが取れてないお子さんは入れません。
■レストラン
売店があります。
■駐車場
駐車場は110台止められるものがありますが、とにかく混雑がひどいので公共機関を利用をおすすめします。
料金は1回700円です。

3.本牧市民プール

去年から老朽化により営業を中止していますがこちらのプールも可愛らしい滑り台がついています。
20メートルの滑り台が2本と5メートルの滑り台が日本ありました。

期間は不明
時間は9時から17時まで
料金は大人800円子供200円です

※営業再開の時期がわからないためいつまで休止しているか分かりません。

4.保土ヶ谷公園プール

保土ヶ谷公園にあるプールウォータースライダーがついています。公園についているプールなのにウォータースライダーっていうのがすごいですよね!
私も昨年初めて子供を連れて行ってきました。
ウォータースライダーは2つあります。
小さい子用のプールも二つも用意されています。
ウォータースライダーは滑っていないのですが、列ができていました。小さい子用の滑り台もたまに列ができている時がありましたが、すぐに滑れるので小さい子は満足です(^-^)

■期間:7月の第2土曜日から8月の末日まで
■時間:9時から17時まで
■料金:大人350円、子供110円
■注意事項
おむつがとれてない子は入れません。
25mプールは保護者同伴でも小学生未満のお子さんは遊泳できません。
■レストラン
レストランはなく売店でカップラーメン屋軽食の販売がありました。
■駐車場
駐車場はわりと多めに止められるんですが、野球などがあると駐車場が混雑することがあります。
料金1時間まで210円、それ以降30分210円で上限1000円です。

スポンサードリンク



室内プール滑り台があるところ

1.新横浜日産ウォーターパーク

温水を利用した22種類もプールがあり、一日中遊べるくらいの施設です。
室内プールでこれだけの種類があるのはなかなかないのでとてもありがたいですよね。私もここに行きたいなと思っているんですがなかなかタイミングがなく行けていません。行けた際にはこちらのブログでアップしたいと思います。

プールの種類は幼児プール、アクアプール、流水プール、ワールプール、ウォータースライダー、そしてバーディーバーデゾーンにはちょっとした温泉施設のような暖かいプールがあります。

幼児用プールにも小さめの滑り台があります。
ウォータースライダーは49.3メートルあって身長120センチ未満の方は滑れないのでご注意を!

■定休日:毎月第3火曜日と年末年始
■時間:
平日と土曜日は午前9時から午後9時まで
日曜と祝日は午前9時から午後5時まで
■料金
料金は時間制になるので長くいればいるほど金額が高くなります。これが1番のネックになります。
13歳以上1時間まで500円、延長30分毎200円
13歳未満1時間まで250円、延長30分ごと100円
障害者手帳を持っていると減免があります。

■注意事項
・スイミングキャップが必要です。
・おむつ屋トレーニングパンツが日常生活において完全に取れてない場合は入れません。
・浮き輪は直径110cm 以下のもの。

■レストラン
レストランはプールの入り口のそばにあります。

2.リネツ金沢

横浜市の金沢区にある温水プールで児童プールや幼児プール、アクアプール、ウォータースライダーがあります。

ウォータースライダーは身長制限もなく大人と一緒に滑ることもできるので小さい子も滑ることができます。
さらにここはお風呂もついているのでプールで遊んだ後にお風呂に入ってさっぱりできます。

■定休日:毎月第4火曜日と年末年始
■時間:9時から20時まで
■料金
プールのみ
大人600円、子供300円
プールとお風呂のセット
大人800円、子供400円
■注意事項
おむつの取れてないお子様はプールへ入ることはできません。
帽子が必要となるのでスイムキャップを忘れずに!
■レストラン
レストランにはオリジナルのハンバーガーやカレーパスタなどがあり、一律540円のリーズナブルなお値段です。
■駐車場
駐車場は151台止めることができます。
料金は2時間まで1時間ごとに100円、それ以降は30分ごとに100円になります。

リネツ金沢のプールは楽しかった!

3.ふれーゆ

横浜市高齢者保養研修施設になっていますが、もちろん一般の方も入ることができるプールです。
私も一度行ったことがありますが、子供だけでなく大人も楽しめるプールでした。
ふれーゆにあるのはウォータースライダーというより、滑り台です。2つ付いていて小さなお子様はしか滑れないため小学生の子供には物足りないかもしれません。
ただ室内なのに流れるプールがあるので大きいお子さんは流れるプールで楽しめるかなあと思います。

ふれーゆもお風呂がついていて、お風呂からはベイブリッジが見えるとのことでしたが、窓ガラスが曇っていてあんまり見えませんでした。でも全面ガラス張りなのでとっても開放的なお風呂です。

■定休日:毎月第2火曜日
■時間:
4月から9月までは9時から21時
10月から3月までは9時から20時
■料金:
プールのみの場合
2時間まで大人800円、子供は300円、2時間を超える場合は30分につき大人200円、子供80円です。
プールと大浴場のセットの場合
プールは2時間、大浴場1回で大人1400円、子供400円になります。
■注意事項
オムツが取れていないお子様は入れません。
スイムキャップはつけてもつけなくても大丈夫なようです。つけていた私たちの方がういていました。
■レストラン
レストランはプールの外ですが、カレーやラーメンなどの軽食がありました。
■駐車場
駐車場はプールや大浴場を使った場合、1時間につき100円です(最初の2時間)
それ以降30分おきに100円になります。

まとめ

以上が横浜でロータスライダーや滑り台が付いているプールです。
今年の夏にぜひ利用してみてください。

それではまた!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

横浜のプールがついているホテル

スポンサードリンク


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)