開港祭の日におすすめの楽しみ方は無料施設を利用すること!

皆様、こんにちは!
管理人の三木です。

6月といえば、横浜開港祭ですよね!

みなとみらい地区で開催されている開港祭に足を運ぶのもいいですが、実は開港祭以外にもお得に過ごせちゃうところがあるんですよね。

そこで、今回は開港祭の日に開港祭以外でも楽しめるおすすめのスポットをご紹介しようと思います。

スポンサードリンク



  

開港祭の日は学校がお休みになる

6月2日は公立の学校はお休みになるのです(^▽^)/
ただし、私立と県立の学校は含まれません。(当たり前か・・・)
もちろん、お仕事をしている人もね。(当たり前か・・・)

この日、大昔はディズニーのパスポートが割引になるとか言われていました。だから、こぞってディズニーリゾートへお出かけって人も居たみたいですが、今はそれもないで。
この時期は首都圏ウィークデーパスポートが販売されているのでそれで多少安くできますが、混雑は通常の平日の込み具合になります。

以前は平日に行けば空いていたディズニーリゾートでしたが、今は平日でも普通に混雑しているのがディズニーリゾートです(´;ω;`)
ってディズニーの話をしている場合じゃないですね(笑)

せっかくの平日休みなのでディズニーリゾートへ行くのもいいですが、横浜市内では通常有料の施設が無料になるってことをご存知でしょうか?

6月2日は無料施設が沢山ある

子供たちに横浜の歴史や文化に親しんでもらうために市内の小中学生・高校生を対象とした無料開放が行われます。

小中学生以下が無料になる施設

・横浜動物園ズーラシアの入園料200円が無料になります。大人は通常通り800円になります。
・金沢動物園の入園料200円が無料になります。大人は通常通り500円になります。
・一部市営プールが無料になります。(旭・栄・清水ヶ丘公園・保土ヶ谷・リネツ金沢※浴場は除く・都築)
※おむつがとれてないお子様はプールには入れません。
・区内のスポーツセンターの個人利用及びトレーニング室が無料になります。
・横浜銀行アイスアリーナの滑走料金800円が無料になります。靴は別途料金が必要になります(500円)

スポンサードリンク



高校生以下が無料になる施設

・はまぎん こども宇宙科学館の入館料(高校生400円、小中学生200円)が無料になります。
※宇宙劇場(プラネタリウム)は別途料金がかかります。大人600円、小中学生300円、4歳以下300円
・三渓園の入園料(中学生以上500円、小学生200円)が無料になります。
・三菱みなとみらい技術館の入館料(中高生300円、小学生200円)が無料になります。
・山手資料館の入館料(160円)が無料になります。
・大佛次郎記念館の観覧料(200円)が無料になります。通常でも小中学生は無料です。
・横浜人形の家の入館料(高校生以上400円、小中学生200円)が無料になります。
・帆船丸・よこはまみなと博物館の入館料(300円)が無料になります。
・横浜市電保存館の入館料(高校生以上300円、3歳から中学生100円)が無料になります。
・日本郵船氷川丸の入館料(中高生100円、小学生100円)が無料になります。
・日本郵船歴史博物館の入館料(中高生250円※小学生無料)が無料になります。
・西・中・港南・青葉・戸塚・瀬谷区のスポーツセンターの個人利用及びトレーニング室が無料になります。
・横浜マリンタワーの入場料(中高生500円、小学生250円)が無料になります。
・横浜ランドマークタワーの展望フロアへの入場料(高校生800円、小中学生500円)が無料になります。※大人も500円で入場が可能(通常1000円)
・横浜美術館の入館料(高校生300円、中学生100円※小学生以下無料)が無料になります。

大学生以下が無料になる施設

シルク博物館の入館料が無料になります。

全員が無料になる施設

・横浜開港祭資料館
・横浜都市発展記念館
・横浜ユーラシア文化館
・横浜市歴史博物館
・本牧・大黒・磯子海釣り施設

※無料で利用できる内容や条件は施設により異なるので詳細は施設への問い合わせが必要となります。

まとめ

開港祭の日は横浜中が大盛り上がりヾ(*´∀`*)ノ
ぜひぜひ足を運んでみてください(o*。_。)oペコッ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

スポンサードリンク


コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)