横浜でお花見をするなら子連れにもおすすめな遊び場付きスポット!!

春イベント

春といえばやっぱり花見ですね。

子供連れて花見いきたいな~って思うけど、子供がいるとあんまり騒がしくないところが良いな~、花見だけだと飽きちゃうから遊べるところもあるといいですよね。

横浜には子連れに最適な花見会場というのがあるので子連れにおすすめしたい花見スポットを紹介します。

スポンサードリンク

子連れにおすすめな遊び場がある花見スポット7選

1.こどもの国

青葉区にあり、沢山の遊具や動物とのふれあいも楽しめるこどもの国。
ここでもお花見を楽しむことができます。
私も何度か行ったことあるんですけど、一日ではとても回りきれないほどの遊び場があり、子供にとっても自然に触れながら遊べるので私も子供も好きな場所です。

こどもの国のさくらは40種類、1000本もの桜があります。

敷地自体も広いので1000本くらいあっても不思議ではないです!

こどもの国では毎年さくらまつりを開催していて

屋台やスタンプラリー、大道芸などを楽しめます。
この時期に混雑はもちろんありますが、施設内はかなり広いので混雑で楽しめないってことはありません。

ただ、駐車場が混雑するので車でいこうと思っているのであれば早めに到着しておくと良いです。

こどもの国の基本情報
◆住所:横浜市青葉区奈良町700
◆時間:9:30~16:30
◆休園日:毎週水曜日
◆入園料:大人・高校生600円、中学生・小学生200円、幼児(3歳以上)100円
※その他施設内には有料の乗り物などがあります。
◆駐車場:普通車900円、マイクロバス1100円、大型バス1600円
※お酒・ビールなどのアルコール類は持ち込み禁止となっているので花見でお酒飲みたいと思っている方、ご注意くださいませm(_ _)m

無料で楽しめる動物園がある野毛山公園

野毛山公園は横浜市西区にある無料の動物園がある公園です。

お花見に飽きたら遊具で遊ぶのもありだし、動物園にいくのもありです(*´∀`*)

野毛山動物園は無料なので経済的にも優しいので嬉しいですよね♪

野毛山公園の桜の本数は250本とそこまで多くないのですが、みなとみらいを見下ろすこともできる都会の中にあるお花見会場です。
さくらが多く植えてあるのは展望地区の方の原っぱの方です。

原っぱを拠点に動けば、動物園へも遊具へも行きやすいですよ~!!

野毛山公園の基本情報
◆住所:横浜市西区老松町63-10
◆時間:公園はいつでも、野毛山動物園は9:30~16:30
◆休園日:公園はなし、野毛山動物園は毎週月曜
◆入園料:無料
◆駐車場:専用駐車場はないため、近隣の駐車場に停めることになります。

野毛山動物園の駐車場はココ。混雑回避で楽しむ方法!

野毛山公園は私としてはおすすめですが、坂がとてつもなくしんどいです。

駅からはバスを利用がおすすめ。

料金は220円で所要時間10分ほどです。

森の中にある県立四季の森公園

県立四季の森公園は緑区にある自然豊かな公園です。
四季の森公園は45.3ヘクタールもある超広大な敷地で、

その中に水田や水車などのどこか懐かしい里山風景が楽しめます。

ちなみに、45ヘクタールは東京ドーム9個分に相当します。
じゃぶじゃぶ池があったり、長い滑り台があり、

綺麗に整備された花壇があり、都会とは思わせない雰囲気があります。

四季の森の東側にはさくら谷と呼ばれるさくらの木が植えられた谷があり、

19種類のさくらが植えられています。

四季の森公園の基本情報
◆住所:横浜市緑区寺山町291
◆時間:いつでも
◆休園日:なし
◆入園料:なし
◆駐車場
・駐車場は南口のみになります。(165台)
・利用時間は8:30~17:00で、利用時間をすぎると出口が封鎖され翌日まで出られなくなります!
・駐車料金は、平日は無料。休日は普通車520円です。
駐車場の収容台数が少ないことや時間に制限があるので電車やバスなどで行った方がいいですね~。

スポンサーリンク

県立保土ヶ谷公園

保土ヶ谷区にある運動公園で野球場やサッカー場、ラグビー場、体育館、テニスなどのスポーツの設備があります。

遊具も充実しているし、整備も行き届いていて、「かながわの花の名所100選」にも選ばれているほどです。
公園内はかなり広いのでお花見をしつつ、散歩しながら遊具で遊んでも良いですよね(*´∀`*)

保土ヶ谷公園の基本情報
◆住所:横浜市保土ケ谷区花見台4-2
◆時間:いつでも
◆休園日:公園自体はありません
◆入園料:無料
◆駐車場
・利用時間は5時~23時
・利用料金は普通車で1時間210円、以降30分ごとに110円。上限は1000円
イベントがある時期は駐車場が混雑することがあるので余裕を持って出かけてくださいね。

三ツ沢公園

陸上競技やJリーグのサッカーが行われている神奈川区にある三ツ沢公園。
三ツ沢公園には桜が沢山植えられていて、さくらの時期に空を見上げるとさくらの天蓋のような綺麗な景色が広がります。

遊具も複数ありますし、混雑もそれほどではないのでお子さん連れでも安心して訪れることができます。

花見もできる三ツ沢公園で遊んできた!
三ツ沢公園でのおすすめの花見スポットは桜山と呼ばれているところです。

桜山が1番桜の密度が高く綺麗にみれる場所です。

三ツ沢公園の基本情報
◆住所:横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1
◆時間:いつでも
◆休園日:なし
◆入園料:無料
◆駐車場
・利用時間は24時間OK
・利用料金は2時間310円、以降20分ごとに50円
Jリーグなどが開催される日は特に混雑するので公共機関を利用した方が良いです。

岸根公園

岸根公園駅からすぐにあるからアクセスしやすいのがおすすめポイントの港北区にある岸根公園。
公園には忍者トリデというアスレチックのような遊具があり、その北側に桜の木が沢山植えてあるため、この周辺で花見を楽しむ人が多いです。

また、ひょうたん原っぱと呼ばれるところには横浜緋桜という横浜の品種があり、濃いピンクが特徴の桜もあります。
公園に入ってすぐのところには池があり、その周辺にも桜の木が植えられているので水辺に映る桜を楽しむことができます。

岸根公園の基本情報
◆住所:横浜市港北区岸根町725
◆時間:いつでも
◆休園日:なし
◆入園料:無料
◆駐車場
・利用時間は5:00~22:00
・利用料金は30分100円
さくらの時期に限らず土日は人気のある公園ですので駐車場は早くから埋まってしまう可能性があります。もし、車で行く場合は早めにいくことをおすすめします。

金沢自然公園

金沢動物園があり、遊具がありで一日中楽しめるお花見スポットです。

金沢自然公園にはおよそ2000本もの桜をみることができます。
動物園内にも桜をみることができるので動物園をゆっくり回りつつ、さくらの下でご飯を食べて帰りに遊具で遊びつつ桜鑑賞をするってのが良いんじゃないかなと思います。

ただ、公園内はとても広いので一つの場所に拠点を作ってそこから移動していく方が楽なこともあります。

荷物など重ければ尚更ですね。

おすすめなのは遊具があるうきうき広場あたりです。

ここは特に色々な種類の桜が植えられているのでおすすめですよ~♪

金沢自然公園の基本情報

◆住所:横浜市金沢区釜利谷東5-15-1
◆時間:公園はいつでも、金沢動物園は9:30~16:30
◆休園日:公園はなし、金沢動物園は毎週月曜
◆入園料:一般500円、高校生・中人300円、中・小学生200円、小学生未満は無料
◆駐車場
[正面口」
利用時間は午前9時~午後5時までで動物園の開園日のみ営業
利用料金は普通車600円です。
[高速側駐車場] 利用時間は午前9時~午後4時30分までで動物園の開園日のみ営業
利用料金は600円です。
駐車場の収容台数はかなりあるので安心ですが、駐車場から少し距離があるのが欠点です。特に正面口は無料シャトルバスに乗らなければいけないので面倒です。

スポンサードリンク

まとめ

今回ご紹介したのは

・こどもの国
・野毛山公園
・県立四季の森公園
・県立保土ヶ谷公園
・三ツ沢公園
・岸根公園
・金沢自然公園

です。どのスポットもちびっこが大好きな遊具があるので暇を持て余すことなく一日中楽しく過ごせます。
検討する際の参考になると嬉しいです(*´∀`*)
それでは良いお花見をお迎え下さいm(_ _)m

>>横浜のお花見クルーズするならココ!大岡川の桜を船から見よう!
>>横浜でお花見をしながら宴会が開けるおすすめスポット5選!!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました